読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小倉さんは考えた

やわらかければうまい。そう習ったよ。

メディアじゃ書けないHuluがhappyon.jpになる理由【追記あり】

f:id:ogit:20170511055053j:plain

5月17日、Huluのアドレスがhulu.jpからhappyon.jpに変わる。ダサい。とてもダサい…。

何故わざわざダサいドメインに変わるのか?その理由をhuluの広報は絶対に語れない。

日テレのHuluの商標利用権がまもなく剥がされるからだ。

その背景を解説する。

 日テレはHuluの何を買収したのか?

2014年2月末、日テレは「Huluの日本事業を買収する」と発表した。普通に考えれば買収した”日本事業”とは下記の4つを指してるハズだ。

1.既存のHulu日本人会員(数十万人)

2.Huluブランドの使用権

3.Huluのシステム利用権

4.日本国内外のコンテンツの配信権

買収後、既存の会員をそのまま引き継いでるし、システムもコンテンツも大きく変化した形跡はない。したがってこの4つは概ね合ってると言える。

しかしながら、Huluブランド(2)とシステム利用(3)の権利は買収ではなく期限付きのレンタルだったようだ。

客観的な証拠になり得るイベントが十分にある。

1年前に始まったHuluからHappyonへのシステム移行計画

実はHuluのアプリは新旧2種類存在した。

※旧アプリは2016年3月15日以降使えなくなってる。

f:id:ogit:20170510191154j:plain

アプリ事業経験者なら分かると思うが、”アプリの移行”は離脱リスクが高いので、通常なら絶対に避けるべき選択肢だ。気軽に行えるようなことでは決してない。だがHulu日本事業の運営法人はそれを行った。

なぜか?システムを日本独自のものに作り変えるためだ。※5月17日にシステムを一新することが決まっている。

Huluが5月17日にリニューアル。スマホで生配信の視聴が可能に ~UI全面見直しでコンテンツもフルHDに高画質化 - PC Watch

もちろんシステム移行だけが理由ではない。

時系列から見えてくるコト

実はこのシステム移行はもともと2017年2月に行われる予定だった。もちろんhappyon.jpに移行するタイミングも同じだ。

ここから見えてくるコトがある。整理してみよう。

2014年2月末:Hulu日本事業買収発表

2016年3月:Hulu旧アプリが使用不能に

2017年2月:Huluシステム移行(新ドメイン含む)
※延期して2017年5月に変更

となっている。

多くの人が気付いただろう。どれも2月か3月だな…と。

つまりHuluの日本事業の買収の契約日は2014年3月でアプリの使用期限が2年、システムの利用期限が3年だったのだ

hulu本社との結びつきが強くなるどころか時が経つにつれて色々”剥がされてる”ように見える。

ここで僕は断言する。

日本のHuluブランドは2018年3月に消滅する。

だからこそリスクの高い”アプリの移行”が必要だったのだ。

Hulu(Happyon)を運営するHJホールディングス 

Huluの日本事業を運営しているのは「フールージャパンホールディングス」ではなくHJホールディングスである。そしてまもなく変更されるドメインはhappyon.jpだ。

HJホールディングス、happyon.jp…。もう分かっただろう。両方ともHとJが使われている。ってことは…(略

つまり買収時にはHuluブランドの利用期限が決められていたのだ。だからこそhulu.jpの運営会社はhuluの名称を使わないHJホールディングスなのである。

したがって、happyon.jpは「こうしたい!」という想いからできた名前ではなく運営会社が”HJホールディングス”だから”happyon.jp”なのだ。ああああああああああああああ(キレそう)

だからこそ唐突にCMで「HappyOn Hulu」などと言い始めたのだ。これはまもなくHuluブランドが消える兆しなのである(断言)

今後徐々に徐々にhuluの名前はフェードアウトしていくだろう。日テレのおじさん達が考えた"Happyon"のために。

残り9ヶ月…。

追記2017/05/11 19:36

本記事の結論とは別の可能性も確認できました。長いのでこちらを読んでください↓

www.ogura.blog

------------------------------------------------- 

小倉さん(Facebook)※友達申請は全て承諾しますよ。

小倉さん(Twitter)※記事を書く前に宣言しますよ。